不動産登記について

不動産登記とは?

不動産登記とは、登記所(法務局)が法の定めるところにより登記簿に不動産(土地・建物)について物理的な状態(どれくらいの広さやどのような種類等)や権利関係(その所有権は誰にあるか等)を公示(登記)する手続きです。

不動産登記とは? 登記をすると、その不動産について登記簿が作られます。
これは、人間で言えば戸籍か住民票ができるようなものです。
登記簿の記載事項は、表題部、甲区、乙区に分かれ、
それらを総合すると、いわば不動産の個人情報は全て
わかるようになっています。

ここで、なによりも大事なのは所有権の問題です。

 例えば、Aが、不動産業者から
一戸建ての家を買い、1カ月後に登記に行きました。ところがその間に、不動産業者が
同じ物件をより高い価格で買いたいというBに二重売買しました。
そうして、Bはすでに登記を終えていました。
この場合、Aがいくら契約書や領収書を提示してもA名義の登記は認められません。
この場合、Aは所有権を第三者に対抗(主張)できないのです。

相続登記のながれ

相続登記のながれ
お問い合わせはこちら